終わりなき日々

キャッシングに興味をもったのは私が20歳の頃でした。バイトをしていましたが、お金がなく、そんな時にバイト先の先輩からキャッシングについての話を聞きました。バイトでも簡単にお金を借りられる、返済は月々1万円程でいいと聞き、その話に飛び付きました。聞いていた通り、簡単に申し込みが出来、審査も簡単に通り、簡単にお金を借りる事が出来ました。しかし、簡単に借りる事が出来、お金のありがたみ、大事さは理解が出来ませんでした。その為、どんどん使い金遣いが荒くなり、あっと言う間になくなりました。その後は返済の日々です。しかし、一旦荒くなった金遣いはなかなか元に戻らず、返済もままならない状態が続きました。しかし人は学習するものです。段々と元の状態に戻り、二度とキャッシングはしないと誓いました。もう、あんな苦労はしたくありません。返済に追われる日々は精神的にも追い詰められました。やはり甘い話はないなと身をもって実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>